Press "Enter" to skip to content

自毛植毛の注意点!先ずはこれを確認!

薄毛に悩んでいる方で自毛植毛を考えている方は多いと思います。

実際に自毛植毛に興味があったとしてもやはりまだまだ聞きなれない施術を受けるには心配事が多くありますよね。

施術を受ける前には制限があるのか、施術後の注意点はあるのかなど様々な疑問が頭をよぎると思います。今回は自毛植毛の注意点について調べてみました。

142944d3722465be7f9b3c4913cf9a91_s

要注意!自毛植毛の前に確認しておくこと

自毛植毛を行うに当たって、注意しておかなくてはいけないことがいくつかあります。一体どんなことなのでしょうか。

まず1つめは髪の毛の長さです。え?自毛植毛の前に髪の毛の長さが関係するの?と思う方も多いかもしれません。

実は自毛植毛は自分自身の後頭部にある髪の毛を薄毛部分に移植する施術です。その為、あまりにも移植する髪の毛が短いと不自然な仕上がりになってしまいます。ある程度の長さを維持して、施術後長すぎる様であれば切るようにした方が良いでしょう。

2つめは飲酒です。仕事終わりの一杯は働くビジネスマンにとって至福の一杯だと思うのですが施術日前日と当日の飲酒は避けるようにして下さい。

アルコールを体内に取り込むと、体内の血液循環が良くなり施術中の出血量が多くなってしまう可能性があります。

3つ目は髪染や脱色です。自毛植毛は頭皮から髪の毛を移植する施術になるので、髪を染めたり脱色する行為は頭皮に負担がかかります。自毛植毛後の定着率にも影響を及ぼす可能性もありますので施術2週間前には控えるようにしておきましょう。

 自毛植毛のあとの方が重要!

自毛植毛後の生活が、髪の毛の定着率を左右すると言っても過言ではありません。一体どのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

まず1つ目は髪の毛を清潔に保つということ。頭皮が汚れた状態のままだと感染症などを引き起こす可能性が出てきます。そうならない為にも極力刺激を避けながら頭皮を清潔にしておく必要があります。

2つめは痛みや腫れなどがあった時の場合です。個人差はありますが人によっては痛みを全く感じない方や私生活に影響が出るほどの痛みを訴える方もいます。

痛みや腫れなどは3~4日ほどで引くと言われていますが、長引くようであれば施術を行ったクリニックを受信するようにした方が良いでしょう。

3つ目は頭皮を刺激しないようにすること。施術部位がかさぶたになり痒みがあったとしても頭皮を掻き毟るようなことはしてはいけません。頭皮はデリケートな状態になっているので優しく扱うように心掛けましょう。

最後は運動と飲酒です。過度な運動は血行をよくし、自毛植毛の傷口からの出血を促してしまう可能性もあります。適度な運動であればドクター指示に基づいていれば問題ありません。

飲酒も同様な理由により禁止されています。施術を行ってから最低でも5日間は休肝日と思ってお酒を控えるようにしてましょう。

6d452fc464fb67dd449b325b2976c023_s

まとめ

植毛の注意点!先ずはこれを確認!の記事はいかがでしたか?

自毛植毛は行う前にも、行った後にもいくつかの注意点があるようです。これらをしっかりと守ることが出来れば自毛植毛の施術も怖くありません。

逆に、守ることが出来ていなければ定着率が下がってしまったり後悔することになる可能性も考えられます。

詳しい指示は施術前にきちんと担当ドクターから説明があると思うので、疑問点はその時に解決しておいた方が良いでしょう。その為にはドクターとのコミュニケーションも大切ですね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です