Press "Enter" to skip to content

自毛植毛って永久に髪が生えるの?気になるところを解説

髪の毛に自信がない方にとって、自毛植毛は自信を取り戻す手段の一つとしてとても有効的だと感じているのではないでしょうか。

しかし、調べてみると値段が高いなどの色々な不安要素もあると思います。施術を行ったとしても、短期間の効果しか得られなければあまり意味をなしません。本当のところ、自毛植毛は本当に効果のあるものなのでしょうか?

今回はそんな気になる自毛植毛について調べてみました。

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

本当に永遠に有効?自毛植毛のひみつ

実際に自毛植毛を考えている方が、一番不安や疑問に思う事はやはり「その植毛が本当に永遠に続くのか?」という事だと思います。

自毛植毛は決して安いものではありません。高額を出して施術を行ったのに、その効果がすぐに切れてしまっては施術を行った意味がなくなってしまいます。本当に効果があるのでしょうか?

自毛植毛で使うのは「自分自身の髪の毛」です。もっと詳しく言うと「まだ髪を生やす力が残っている自分自身の髪の毛の毛根」を使用します。その為、植毛した髪の毛は70~80%の確率でしっかりと定着すると言われている信頼と安心の技術です。

もちろん定着しなかった髪の毛だけは抜けてしまいますので、施術後はしっかり髪の毛が定着するようなアフターケアが必要になります。

 自分の毛根を使用するって…?痛みや傷は大丈夫?

自毛植毛の問題の一つとして傷や痛みが挙げられます。自分自身の後頭部・側頭部にある毛を生やす力が残っている毛根を切り取って髪の毛が薄い部分に定着するので、どうしてもこの問題は避けて通ることが出来ません。

しかし、傷跡は半年もすればほとんど気にならない程度にまで回復すると言われています。坊主にしたりしない限り、傷を見ることはないと思っても良いのではないでしょうか。

また、ヘアカットの際美容師さんに気付かれるのでは?という不安の声も聞こえてきますがこちらもほとんど気付れることはないようです。

定着した自毛植毛は自然になじんでくれるのか?

もともとの髪型であれば自然な髪型になりますが、自毛植毛した場合不自然になってしまうことはないのでしょうか?

不自然になる可能性が高いのは生え際と言われています。生え際の髪の毛は後頭部や側頭部に比べ髪の毛の濃さや毛の流れ方が違ってきます。

その為、施術の仕方によっては不自然になってしまう事もあるようです。しかし、基本的には自分自身の髪の毛を利用しているため驚くほど不自然になる、ということはありません。

 副作用はないの?

基本的には、自分自身の毛根を使用しているため副作用はないと言われています。しかし、切り取った部分にツッパリ感が残ってしまう、傷跡が残る可能性がある、とういうような副作用は考えられます。

ですが、ツッパリ感も永久ではなく時間が解決してくれますし傷跡もそれ同様です。

拒否反応などの後遺症が見れれないのは、自分自身の毛根を利用する自毛植毛ならではのメリットとして考えても良いでしょう。

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

まとめ

自毛植毛って永久に髪が生えるの?気になるところを解説の記事はいかがでしたか?

やってみたい、と思っても初めて行う事は不安要素がたくさんあって当たり前です。そのひとつひとつを自分が納得するまで調べてみてください。

自毛植毛には多くのメリットが存在しています。そのメリットを知れば知るほど、きっと自毛植毛に対しての興味がもっと強くなるはずです。

その時、自毛植毛に疑問や不安がないのであれば思い切って自毛植毛に挑戦してみても良いかもしれませんね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です