Press "Enter" to skip to content

自毛植毛ってどれくらいかかる?維持費が高い?

自分の髪の毛に自信が持てない人の多くは、育毛や植毛に挑戦してみようと一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

自毛植毛は憧れのふさふさヘアーになるための近道と言っても過言ではありません。しかし、それにはそれなりの対価である金額がかかってしまうのも事実。

一体いくらぐらいするのでしょうか?また、自毛植毛の維持費はどのぐらいの金額がかかるのでしょうか?今回は地毛縮毛の金額・維持費について詳しく調べてみました。

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

まずは自毛植毛について簡単に知っておこう

そもそも自毛植毛とは一体どういう内容のものなのでしょうか?軽くおさらいしていきましょう。

自毛植毛とは、自分自身の後頭部や側頭部に生えている髪の毛を毛穴ごと採取します。そして採取した髪の毛を、自分自身が気になっている髪が薄い部分に植え付ける手術です。

この手術の一番のメリットは自分自身の髪の毛を利用しているのでアレルギーなどの拒否反応が見られないという事。その為、安心して手術を受けることが出来ます。

その他にも病院に通い続ける必要性がほとんどないことやメンテナンスやアフターケアーが不必要なところも魅力の一つといってよいでしょう。

 本題!自毛植毛のおおよその金額は?

自毛植毛は薄毛に悩んでいる方にとってはまさに希望の光とも言えます。しかし、一体いくらぐらい費用が掛かるのでしょうか。

まず、覚えておいてほしいのはこの自毛植毛には怪我や事故等が原因でない場合、基本的には保険が適用されません。その為、かかった費用はすべて自費負担となってしまいます。

そうなるとかかった診療機関によって金額が変わってくる可能性が高いです。自毛植毛を考えている方は、まず各クリニックの治療費を比べてみると良いでしょう。

また、薄毛のタイプによっても金額が変わってくるので注意が必要です。

植毛数が少なければ金額もそれなりになりますが、植毛数が増えれば増える程その金額も跳ね上がっていきます。高いところでは300万円を超す可能性もあるので、心しておきましょう。

 自毛植毛の維持費はかかるの?

増毛やかつらなどとは違い、自毛植毛は自分自身の髪の毛を植えている為劣化などは見られません。その為、基本的にメンテナンスは必要ないと言われています。

ですから維持費はほとんどかからないと思っても良いでしょう。

しかし、手術を行ったクリニックによっては薄毛の進行を予防するためと薄毛の進行抑制剤などを進めてくる場合もあります。その手のものを購入し続けるのであれば、薬代としての維持費はかかるかもしれません。

 始める前に聞いてみて。各クリニックや経験者の話

自毛植毛は自分自身の髪の毛を利用するという事からメリットがたくさんある方法です。

しかし、その反面治療費も高くばかにはなりません。ましてや保険がきかないため、受診機関によって金額も様々。失敗しないためには、はじめにいくつかのクリニックで話を聞き、情報を集めることが大切です。

もちろん、経験者の方の話を聞いてみることも重要なポイントになるでしょう。今はインターネットを駆使してたくさんの情報が得られます。失敗しないためにも、事前確認は怠らないようにして下さい。

c4e2f09869cdf42297caa074e03db4c2_s

 まとめ

自毛植毛ってどれくらいかかる?維持費が高い?の記事はいかがでしたか?

憧れのふさふさヘアーになるためには、それなりの金額が必要になると思います。

しかし、クリニックによって金額も様々です。

自分に合った診療所を探し、適切な施術を行ってもらえれば未来の自分はとっても生き生きしているかもしれませんね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です